WordPressで稼働しているサイトをローカル環境に移行してみた

Web制作

こんにちは。
Web制作者のhikaruです。

今回は、すでに稼働しているワードプレス環境を、ローカル環境に
移行する方法を紹介していきます。

ここでは、私のブログを、ローカル環境に移行しながら、
解説していこうと思います。

WPフォルダ一式をダウンロード

稼働しているサイトから、
FTPなどでログインして、
WPフォルダ一式をダウンロードします。

データベースをエクスポート

今回はphpMyAdminで、
稼働しているサイトから
対象のデータベースをエクスポートします。

こちらの記事に詳しい手順が載ってます。

ローカル環境にファイルを配置

今回は、Mac環境でMAMPを使用していきます。
まず、ダウンロードしたWPフォルダを「htdocs」直下に配置してください。

ローカル環境にデータベースを作成

まずは、ローカル環境にデータベースを作成して、
稼働しているデータベースの情報を受け入れるための、
受け皿を用意する必要があります。

MAMPのphpMyAdminを開いて、データベースを作成してください。
データベース名は稼働しているWPで使用されている名前と
同じにする必要があります。

データベースをインポート

作成したデータベースに、
商用環境からエクスポートしたファイルをインポートします。

MAMPのphpMyAdminを開いて、
作成したデータベースを選択後、importタブから実施してください。

urlをローカル環境に置き換える

Search-Replace-DBというツールを使用して、
データベースに書き込まれている、
urlをローカル環境に置き換えます。

Search-Replace-DBを配置する

まずこちらのサイトから、
Search-Replace-DBをダウンロードしてください。

ツールがダウンロードできたら、
MAMP「htdocs」直下の、
WPと同じ階層にSearch-Replace-DBを配置します。

私の環境では、
localhost:8888/wp
localhost:8888/Search-Replace-DB-4.1.1/

Search-Replace-DBに必要な情報を入力

ブラウザで、
localhost:8888/Search-Replace-DB-4.1.1/に、
アクセスしてください。

replaceに商用環境のurlを入力して、
withの右側にローカル環境のurlを入力してください。

私の環境では、MAMPのSSL化ができていないので、
replaceに、このサイトのhttp://minimally-life.com/wpを、
withにローカル環境のhttp://localhost:8888を指定しました。

次にDatabase Detailsにローカル環境の、
データベース情報を入力します。

私の環境では次のように入力しました。

  • database name: 作成したデータベース名
  • username : root
  • pass : root
  • host : 172.0.0.1
  • port : 8889

この情報はMAMP開いて、
open website pageクリックで確認できます。(mac環境)

そしてTest connectionをクリックして、
データベースと接続できることを確認してください。
接続できれば、Success. You are connectedと表示されます。

Search-Replace-DBでurlを置き換える

最後に置き換えを実施します。

実施前に置き換えテストができるのでテストしてから実施するのが安全です。
テストするには「Do a safe test run」をクリックしてください。

最後に、Search and Replaceをクリックして置き換えを実施します。

完了したら、delete meをクリックして、ツールを削除してください。

wp-config.phpを編集する

WPフォルダ直下に存在するwp-config.phpを開いて、
次の箇所に必要なデータを入力してください。

/** WordPress のためのデータベース名 */
define( 'DB_NAME', 'データベース名' );

/** MySQL データベースのユーザー名 */
define( 'DB_USER', 'ユーザー名' );

/** MySQL データベースのパスワード */
define( 'DB_PASSWORD', 'パスワード' );

/** MySQL のホスト名 */
define( 'DB_HOST', 'localhost' );

データベース名には今回ローカルで作成した名前を入力。
ユーザー名、パスワード、ホスト名はMAMP > phpMyAdmin
で確認してください。

基本的には、
ユーザー名: root
パスワード: root
ホスト名: localhost
となっているはずです。

ローカル環境にアクセスできるようにする

データベースとWPフォルダの移行が完了しましたが、
このままでは、ローカルのWP環境にアクセスできない可能性があります。

私の場合、MAMPがSSL対応していなかったので、
アクセスしても、httpsにリダイレクトされてしまい、
結果、アクセスできない状況に陥りました。

いくつか対処法がありますが、
ここではhttpsにリダイレクトさせないために、
.htaccessを編集しました。

WPフォルダ直下にある、
.htaccessを開くと次の記述があると思うので、
#を書いてコメントアウトします。

# RewriteCond %{HTTPS} off
# RewriteRule ^(.*)$ https://%{HTTP_HOST}%{REQUEST_URI} [R=301,L]

一応.htaccessを編集したら、
ブラウザのキャッシュを削除しておいてください。

これでローカル環境のWPにアクセスできると思います。

ローカル環境のWPにアクセスする

最後にアクセスできることを確認します。

私の環境では、下記のURLにアクセスして、
WPが表示できることを確認できました。

  • http://localhost:8888/wp/wp-login.php(管理者ページ)
  • http://localhost:8888/wp/(通常ページ)

まとめ

Web制作をしていると、
本番環境で稼働しているサイトに、
手を入れなければならない場合もでてきます。

そんな時は、ローカル環境やテストサーバーに、
データを移行して開発を進めることなるので、
やり方を知っておいて損はないと思います。

以上、
ワードプレスサイトを、
ローカル環境に移行する方法でした。

hikaru

1995年2月生まれ26歳。東京都にあるWeb制作会社に勤務をしています。 犬とコーヒーが好きです。

関連記事

特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

hikaru

1995年2月生まれ26歳。東京都にあるWeb制作会社に勤務をしています。 犬とコーヒーが好きです。

TOP