rem・pxどっちを使うべきか迷っている方へ

Web制作

正直、私自身もこの問題について考えさせられることがよくあります。

px・remそれぞれメリットがあることはわかっているのですが、いざ実務に利用することを考えると、様々要因を考えて最終的にどちらを利用するかを考える必要があったりするので。

結論

新規の案件で、検証する時間がしっかりとれるのなら、remを使うのはあり!

逆に、検証する時間が取れない、
すでにプロジェクトが走り始めているとかであれば、
あえてremを利用するメリットはないと考えます。

詳しく解説していきます。

検証時間の問題

正直、デバックの検証時間が取れないと、フォントサイズ拡大で、サイトが崩れてしまっているケースがあったりします。

前にあったのが、クライアントがITに詳しくない方で、ブラウザのデフォルトのフォントサイズを結構大きめに指定していて、結果、意図したデザインで表示されなかった。

また一部デザインが崩れてしまっていた。

ということがありました。

すでにプロジェクトが走り始めている

すでにpxベースで構築が進められている場合は、あえて自分の担当箇所だけ、remにするのはメリットがないです。

それでもpxに抵抗のある方へ

私も、実務に入って1年くらいはremだけを使っていました。

なので、remからpxへの変更は結構抵抗がありました。

そんな時は、pxを使用している有名企業のサイトを見て勇気をもらいました。

有名企業の任天堂Appleもpxです。

まとめ

私も、実務に入って1年くらいはremだけを使っていました。

ただ、実務を通して、様々なことを学んでいく中で、最終的にpx派になりました。

今回は私なりに、rem、pxどちらを使うべきか、まとめてみました。

hikaru

1995年2月生まれ26歳。東京都にあるWeb制作会社に勤務をしています。 犬とコーヒーが好きです。

関連記事

特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

hikaru

1995年2月生まれ26歳。東京都にあるWeb制作会社に勤務をしています。 犬とコーヒーが好きです。

TOP