加湿器レンタルって本当にオススメできるの?購入した場合と比較しながら本音でレビューします!

夏も終わりを告げ秋へと季節が移り変わってきました。

これからの季節、特に気をつけなればならないのが、空気の乾燥ですね。

空気が乾燥していると、空気中のウイルスの生存率が高くなってしまうので、加湿器などを導入して対策するのが理想だといえます。

加湿器を所持していない方は、そろそろ準備する必要があると思いますが、正直、加湿器って1年のうち、10月〜3月の間しか出番がないものなので、レンタルするか購入するか迷うところではあると思います。

今回の記事では、購入とレンタルどちらがお得か、様々な角度から紹介していこうと思います。

加湿器をレンタルできるオススメのサービス

まず加湿器をレンタルできるサービスでオススメのものをピックアップしてみました。

airRoom

株式会社エアールームテクノロジーズが運営する家具・家電のサブスクリプションサービス。

利用可能地域

2021年7月時点でご利用いただける地域は東京・千葉・埼玉・神奈川・群馬・茨城・愛知・岐阜・静岡・三重・大阪・京都・兵庫・滋賀・奈良(一部提供外)でございます。

https://air-room.jp/help/category/1/questions/2

かかる費用

  • 月額のレンタル料金
  • 配送料(商品によって異なり、一部商品は無料)
  • 初期費用などは不要

最低利用期間

  • 最低利用期間3ヶ月

ポイント

商品の配送料(往復)はかかってしまうが、他は商品のレンタル料だけで済むので、料金体系はわかりやすいといえます。

家具・家電のサブスクリプションサービス「CLAS(クラス)」

株式会社クラスが運営する、月々約440円から家具・家電がレンタルできるサブスクリプションサービス。

利用可能地域

東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、大阪府、京都府、兵庫県が対象です。(一部提供外の地域があります)

https://clas.style/faq.html

かかる費用

  • 月額のレンタル料金
  • 返却手数料(2年以内の返却には手数料がかかる。商品ごとに異なる。)
  • 初期費用などは不要

最低利用期間

  • 最低利用期間3ヶ月

ポイント

配送料がかからないのはメリットだといえます。ただし2年以内の返却では手数料がかかってしまうので、短期利用では損をしてしまう可能性があります。

どのサービスがいいの?そもそも購入するべき?

10月~3月までの利用を想定して、それぞれ比較していきます。

両方のサービスで借りることができる、
ダイソンの超音波式加湿器 MF01
をレンタル対象だと想定して金額をシュミレーションしていきます。

airRoomCLAS
初期費用0円0円
レンタル料(10月〜3月)31,944円29,700円
配送料0円 ※10円
返却手数料0円 ※24950円 ※3
合計金額31,944円34,650円

※1 .airRoomは商品ごとに配送料がかかりますが、この商品は0円でした。
※2. 配送料と同じ料金、返却時の送料もかかるとあったので0円で計算してあります。
※3. 2年以内の返却は返却手数料がかかります。

商品を購入した場合(楽天市場参照)

商品金額楽天市場の最安値(36,500円)
配送料0円(楽天市場では0円のとこが多い)
合計金額36,500円

上記の結果となりました。
この商品に関していえば、airRoomでレンタルするのが一番お得だといえます。

また、airRoomで気に入った商品は、定価金額から既にお支払いいただいた金額の差額をお支払いすることで、購入することができるので、長期利用にも臨機応変に対応が可能かと思います。

まとめ

今回は加湿器のレンタルサービスのついて紹介してきました。

ここで紹介したことがちょっとでもお役に立てば嬉しく思います。

以上、「加湿器レンタルって本当にオススメできるの?購入した場合と比較しながら本音でレビューします!」でした。

hikaru

1995年2月生まれ26歳。東京都にあるWeb制作会社に勤務をしています。 犬とコーヒーが好きです。

関連記事

特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

hikaru

1995年2月生まれ26歳。東京都にあるWeb制作会社に勤務をしています。 犬とコーヒーが好きです。

TOP