【プラグインなし】データベースベースからWPデータをバックアップしてみた

Web制作

こんにちは。
Web制作者のhikaruです。

ここではプラグインなしでデータベースベースから、
WPのバックアップを、取得する方法を紹介していきます。

データベース情報の確認方法

手っ取り早いのは、
wp-config.phpを開いて
データベース情報を確認する方法です。

wp-config.phpを開いて、
次の記述を探してください。
データベース情報が記載されています。

/** WordPress のためのデータベース名 */
define( 'DB_NAME', 'データベース名' );

/** MySQL データベースのユーザー名 */
define( 'DB_USER', 'ユーザー名' );

/** MySQL データベースのパスワード */
define( 'DB_PASSWORD', 'パスワード' );

ちなみにwp-config.phpは、
WPがインストールされているフォルダ、
直下に存在しています。

例) WP/wp-config.php

WPの接頭辞変えている場合は、
接頭辞/wp-config.phpに、
なっていると思います。

データベースにアクセスしてバックアップを取得

一般的には、phpMyAdminを利用してバックアップを取得します。
sqlの知識がなくても直感的に操作できるのでおすすめです。

phpMyAdminは利用しているサーバーごとに、
多少UIの違いはありますが、
サーバーパネル(コントロールパネル)から利用することができます。

ここでは、xserverと
私が利用しているmixhostを例にして、
アクセスする方法を紹介していきます。

xserverの場合

サーバーパネルにログイン後、
phpmyadminをクリックします。

ユーザー名とパスワードを入力してログインしてください。
ユーザー名とパスワードは、
wp-config.phpで確認できます。

phpMyAdminを開いたら、
左カラムから
WPで使用されているデータベース名を探してください。

左カラムでWPで使用されている、
データベース名を選択後、
右カラムのエクスポートを選択します。

ここでは、
クエクスポート方法: 簡易
出力: チェックなし
フォーマット: SQL
エンコーディングへの変換: チェックなし
で実行します。

正常にダウンロードが完了したら、
バックアップ終了です。

mixhostの場合

コントロールパネルにログイン後、
phpmyadminをクリックします。

phpMyAdminを開いたら、
左カラムから
WPで使用されているデータベース名を探してください。

左カラムでWPで使用されている、
データベース名を選択後、
右カラムのエクスポートを選択します。

ここでは、
クエクスポート方法: 簡易
フォーマット: SQL
エンコーディングへの変換: チェックなし
で実行します。

正常にダウンロードが完了したら、
バックアップ終了です。

まとめ

Web制作をしていると
クライアントのサイトをテスト環境に移行したり、
その逆、テスト環境から本番環境に移行することもあるので、
データベースから、バックアップを取得する方法は
知っておいて損はないと思います。

以上、
プラグインなしでデータベースから、
WP情報をバックアップする方法でした。


hikaru

1995年2月生まれ26歳。東京都にあるWeb制作会社に勤務をしています。 犬とコーヒーが好きです。

関連記事

特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

hikaru

1995年2月生まれ26歳。東京都にあるWeb制作会社に勤務をしています。 犬とコーヒーが好きです。

TOP